健康歳時記



    急性ストレス心神不安(しんじんふあん)


  • わけもなく不安で落ち着かない
  • ちょっとのことで驚き、何事にも敏感になっている
  • 眠りが浅い
  • なかなか寝付けない
  • 夢が多く、寝た気がしない
  • 耳がぼ~っとする
  • 胸がどきどきする
  • 紅い斑点がももやうでの内側にでる
中医学では上記のような症状を引き起こす急性のストレスを心神不安(しんじんふあん)といいます。

心神不安(しんじんふあん)は単なる気のせいや思い込みではなく、放っておくと他の病気のもとにもなりますので、早めに対応しておきましょう。


急性ストレス心神不安(しんじんふあん)★亀甲堂カナヰ薬局



    心神不安(しんじんふあん)


心神不安は、心(しん)肝(かん)が関係した肝気上衝心包と解きます。

【心(心臓)は神(精神)を蔵し司る】といわれており、心神が安定していれば、精神活動が安定し五臓も元気!ですが、心神が不安定になると精神活動が不安定になり、特に肝気・腎・陰血に影響を与えます。

よって、肝の気をめぐらせてあげること、腎の機能を正常化すること、陰血を補い、流れをめぐらせてあげることがポイントとなります。 実際には、ツボを押したり、食事や漢方薬で補ったり、生活習慣を見直すことで対応できます。

尚、急性ストレスである場合は、効果が早く期待できます。
逆に放置したままにしておくと、治すのにも相応の時間がかかり難しくなってきます。


    セルフケア★不安におすすめツボ


おすすめのつぼは【内関】【失眠】という2つのつぼです。

いずれも左右両方(右腕・左腕、右足裏・左足裏)にありますが、ぐっと押した時に痛みの感じる方を重点的に行うと良いです。 気持ちがいいと感じるくらいの強さで、気分が悪くなる場合は控えましょう。
不眠つぼ内関


不眠つぼ失眠


    セルフケア★不安におすすめ食養生


急性ストレス心神不安(しんじんふあん) 不安・心配・のぼせ・めまいにオススメの食べもの 鶏のハツ、 まぐろ、 ひらめ、 こんぶ、レタス、アスパラガス、セロリ、トマト、苦瓜、ピーマン、桃、イチゴ、 はすの実、竜眼肉、ローズヒップティー、ジャスミンティー      など。


急性ストレス心神不安(しんじんふあん) イライラ・ストレス・躁鬱にオススメの食べもの 牛肉、鶏レバー、アサリ、キャベツ、セロリ、春菊、ちんげんさい、玉ねぎ、紫蘇、ぶどう、金柑、干し椎茸、酢、カモミールティー、ミントティー      など。


    就寝前に避けたいこと

就寝時間3時間前には、神経を刺激することは避けましょう。

例えばテレビや本、本を読むと眠くなる方もいますが内容にもよります。ドキドキハラハラするミステリーや怪談など、脳を刺激するものは避けましょう。

また、おなかがいっぱいになると眠くなる人もいます。
しかしこれは、「血液が胃の消化活動に集中するため」の現象です。

胃の消化活動中に眠りについた場合、体は食べものの消化に集中しますので、体は起きている状態。眠りは浅くなります。夕食は就寝3時間前までに摂りましょう。

あとは、体を温めて緊張をとり、時間に余裕をもってベッドに入ること。 寝る前にノンカフェインの香りの良い温かいお茶を飲むのもオススメです★


    おすすめの漢方薬


心神不安でよく使われる漢方薬には以下のようなものがあります。

  酸棗仁湯顆粒(さんそうにんとうかりゅう)
  温胆湯エキス顆粒(うんたんとう)
  帰脾湯(きひとう)
  苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)
  補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
  十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)
  抑肝散(よくかんさん)
  杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)
  シベリア人参茶

これらは一例ですが急性のストレスにおいては早く効果が表れます。

※漢方薬は医薬品です。
ひとりひとりの症状や状態によって対応する漢方薬が違ってきますので必ず専門スタッフにご相談のうえ漢方薬を上手に活用しましょう!
不安不眠、リラックス★亀甲堂カナヰ薬局


一人で無理をする必要も、我慢をする必要もありません。
なんでもお気軽にご相談ください。

※漢方薬は医薬品です。
食養生や生活習慣のアドバイスも差し上げています。
漢方薬をご利用の際はお気軽に亀甲堂カナヰ薬局までご来店ください☆

▲ TOP