健康歳時記



    インフルエンザとカゼの違い


インフルエンザウイルスは10月頃から流行り始めますが、ピークは例年2月ですね。

感染経路は普通のカゼ(感冒)と同じように飛沫感染、接触感染がメインです。

普通のカゼと違う点は、

  • 38℃以上の高熱が出ること
  • 咳や頭痛、関節痛が強くでること
  • 倦怠感、寒気などの症状が強い
  • 脳炎や肺炎などの合併症をおこしやすい
などです。

インフルエンザは体力をとても消耗します。
ですから、しっかり予防と免疫力作りをして備えましょう。


インフルエンザとカゼの違い★亀甲堂カナヰ薬局

インフルエンザは、A型、B型、C型と3つの型がありますが、特にやっかいなのはインフルエンザA型といえるでしょう。インフルエンザA型は感染対象も人だけではなく、ウイルスがコロコロと変異しやすいので、ワクチンなどでは対応しにくく流行しやすいのです。
  A型 B型 C型
 感染対象 人、鳥、豚、馬
 流行時期 12月~2月 2月~3月 一年中
 症状 38℃以上の発熱
のどの激痛
咳、鼻水、関節痛、
脳炎・肺炎などの合併症
38℃以上の発熱
咳、鼻水、関節痛
下痢、嘔吐といった消化器系の症状
二日程の発熱、
咳、鼻水、
下気道炎の合併症
 特徴 変異しやすい、
爆発的に流行しやすい
収束ははやいが 発熱後に中耳炎や肺炎を発症しやすい 感染力・症状は弱い、一度かかると免疫がつく為、発症例は6歳未満の小児がほとんど


    インフルエンザにかかってしまったら・・・


インフルエンザかな?と思ったら、検査が必要な方はマスクをして病院へ行きましょう。
学校や会社でも、登校や通勤が制限されていると思いますので、不要な外出は控えましょう。
解熱後2日間程度は他人にうつしてしまう可能性があることも覚えておきましょう。
インフルエンザの症状は急速にすすみます。自宅で安静にしてゆっくり睡眠をとりましょう。

インフルエンザとカゼの違い 水分補給をしましょう 水、お茶、ジュース、スープ、など、自分が飲みたいもので大丈夫なので少しづつでも飲みましょう。尚、冷たい飲みものは胃腸を刺激します。なるべく常温か温かいものが良いでしょう。


インフルエンザとカゼの違い 部屋の湿度は60%をキープ 湿度~40%と比較した時に、湿度が50%~60%の時のほうがインフルエンザウイルスが不活性化することがわかっています。のどや鼻の粘膜を保護するためにも有効です。加湿器などを活用して湿度60%をキープしましょう。


インフルエンザとカゼの違い 薬を飲んでとにかく寝る 初期の高熱の時には、麻黄湯(まおうとう)葛根湯(かっこんとう)など、嘔吐・下痢といった胃腸の症状がある場合は柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)など、のどの痛みが強い咳には天津感冒片(てんしんかんぼうへん)銀翹散(ぎんぎょうさん)など、咳がひどい時には麦門冬湯(ばくもんどうとう)五虎湯(ごことう)など、変化が著しいでしょうが、その時の症状にあわせて漢方薬を使い分けていきます。また、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)がウイルスと戦う力を強めてくれるでしょう。
消化の良い温かい飲食をして、ゆっくりと寝て、治すことに集中しましょう。


    インフルエンザを予防する最強漢方!


インフルエンザ予防には、うがい!手洗い!板藍茶(ばんらんちゃ)!

板藍根(ばんらんこん)は、アブラナ科のホソバタイセイの根のことで、抗菌・抗ウイルス作用、解毒作用、消炎作用にすぐれた生薬としてポピュラーな存在です。日本では菘藍(しょうらん)または大青(たいせい)と呼ばれ、藍色の染料として用いられてきた歴史があります。

藍染めは奈良時代、平安時代頃から始まり、江戸時代中期には紺屋の名称で藍染め屋が繁盛しておりました。


インフルエンザ予防に板藍茶ばんらんちゃ★亀甲堂カナヰ薬局

鮮やかな藍色・・・。
実は武士の鎧の下に着用する下着や、農民のもんぺなどにも藍染め技術が使われていたようです。おしゃれが必要ない?と思われるものに何故、染色を施したのでしょうか?

藍染めは「刀傷(切り傷)から身を守る」「虫に刺されにくい」「毒グモや毒蛇に襲われにくい」と考えられていたからでした。昔の方は数多くの経験から知っていたのでしょう。上手に自然の効用を活かしていたというわけです。

板藍根(ばんらんこん)をエキス顆粒状にした製品に、板藍茶(ばんらんちゃ)があります。そのままお湯で溶かして、お茶としていただくのはもちろん、水に溶かした板藍茶(ばんらんちゃ)でうがいをするのもおススメです。
インフルエンザ予防に板藍茶ばんらんちゃ★亀甲堂カナヰ薬局

板藍茶(ばんらんちゃ)も非常に有名なオリエンタルハーブティーですが、もうひとつ、衛気(えき:免疫力)を高めて、風邪やインフルエンザの予防に最強の漢方薬が衛益顆粒(えいえきかりゅう)です。

衛気を高める黄耆(おうぎ)、脾を丈夫にする(補気健脾)白朮(びゃくじゅつ)、外邪を発散させる(発表散風)防風(ぼうふう)が、バランスの良い3:1:1で構成されている漢方薬、衛益顆粒(えいえきかりゅう)でバッチリ予防していきましょう!!


インフルエンザ予防に衛益顆粒えいえきかりゅう★亀甲堂カナヰ薬局


インフルエンザは大病になりやすく
早め早めの予防や改善がとても大切です。

※漢方薬は医薬品です。
食養生や生活習慣のアドバイスも差し上げています。
漢方薬をご利用の際はお気軽に亀甲堂カナヰ薬局までご来店ください☆

▲ TOP