健康歳時記



    春の養生法



春は五行では「木」に属する季節です。
冬に蓄えたエネルギーを糧に、草木は芽吹き、上へ上へと伸びやかに生長する季節。

人も同じ、のびのび、いきいきとする季節です。

もし、春にストレスや躁鬱、緊張、興奮、不安感、胃痛、胃もたれ、ゲップ、体調不良を感じるのなら、どうぞ亀甲堂カナヰ薬局にご相談にいらしてください。

心も体の一部です。
中医学の知恵で春の諸症状から解放されましょう。


春の養生法

春に体調を崩される方は、生活習慣・食事・漢方薬、この3本柱で気を伸びやかに流してあげることが大切です。
ストレッチやウォーキング、太極拳、ヨガなど、ゆったりと体を動かす習慣をつけましょう。気血の流れが良くなりますよ。飲酒はストレス解消になりそうに思えますが、深酒は問題を後回しにするだけなので留意しましょう。

 早起きをしてカーテンを開け日の光を浴びましょう!  朝は散歩(または外気で深呼吸)をし、体をのびのびと動かしましょう!  春が旬の野菜と果物をたっぷり摂りましょう!
また、春は寒暖の差が激しい季節でもあります。
暖かい日でも、薄手の上着を持ち歩き、衣服を上手に調整しながら体温を守りましょう。上半身は薄着でも下半身は冷やさないようにすることがポイントです。
春の養生法


春の食養生


春の諸症状におすすめの食べものは、アサリ・ハマグリ・シジミ・アワビ・レバー・ほうれん草・にんじん・うど・フキ・タラの芽・セリ・香菜・ネギ・生姜・枸杞子(くこし)・菊花・シナモン・薄荷・柑橘類などです。

自然界はうまく出来ており、その季節に合った食物が旬を迎えます。旬の食べ物を楽しみましょう。


春の漢方薬

春の漢方薬


春におすすめの漢方薬は、逍遥丸(しょうようがん)・加味逍遥散(かみしょうようさん)・酸棗仁湯顆粒(さんそうにんとうかりゅう)・婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)・心脾顆粒(しんぴかりゅう)・開気丸(かいきがん)など、サプリメントでは紅沙棘(ホンサージ)・珉好(ミンハオ)などです。

漢方薬は医薬品です。
あなたの証にあった漢方薬を選びましょう!
どなたさまもお気軽に亀甲堂カナヰ薬局までご相談にいらしてください☆

▲ TOP