健康歳時記



    肝臓病


肝臓の主な仕事は、代謝(基礎代謝のおよそ25%)、解毒(アルコールなら約90%)、エネルギーの貯蔵、胆汁の生成・分泌です。
肝臓病

肝臓は、全体の75%くらいを切り取られても、自己修復しながら働き続けることのできるとても強い臓器です。

もくもくと働き続けるので、機能が低下しても自覚症状が感じられにくく【沈黙の臓器】とも呼ばれています。症状がでた時には状態がかなり進行していると考えられます。

肝臓病、肝疾患には以下のようなものがあります。
 アルコール性肝疾患 (アルコール性脂肪肝 → アルコール性肝線維症 → アルコール性肝硬変 と進行する)

 ウイルス性肝炎 (A型、B型、C型、D型、E型が確認されている。40~50人に1人はかかっているといわれている)

 慢性肝炎 曲げたひじのシワの端っこ。自律神経を調整、アトピーにも。

 肝硬変 (肝硬変の6割方がC型肝炎、1.5割がB型肝炎、1割くらいがアルコールによるものといわれている)

 肝がん(肝細胞がん) (肝がんの9割方が、B型肝炎とC型肝炎)



肝疾患の主な原因として、アルコールの飲み過ぎやウイルス感染が挙げられますが、寝不足・過労・ストレス・食生活の不摂生といった日常生活の乱れによる免疫機能の低下、代謝異常などもあります。

ウイルス感染が疑われる方は、早めに検査で明らかにし、それ以外の要因は自ら作らないように心がけると良いでしょう。

アルコール性肝疾患は脂肪肝 → 肝炎 → 肝硬変へと進行することが多いです。

主な原因がアルコールによるもの(摂取量だけでなく代謝特性など)なので、お酒をまずやめることからはじめます。

禁酒による依存(禁断)症状が表れた場合など、症状に合わせた適切な処置が必要です。

肝疾患の進行過程

    肝臓を守ろう!


食べ過ぎない、飲み過ぎない 食品添加物や化学調味料、アルコールは毒性の高いものと理解しましょう。
また、タンパク質を分解する時にも毒性物質が発生します。
なるべく自然のものを加熱調理して、美味しくいただきましょう。

適度に運動しましょう 車通勤や移動の少ない毎日、体をあまり動かさない仕事など。
動かずにいると気血の流れが滞り、疏泄をつかさどる肝臓がそちらの処理に余計に働かなくてはいけなくなります。

肝臓の負担を軽減するには、適度に運動して気血のめぐりを良くすることも大切です。

過剰な運動は控えましょう 実は過剰な筋肉運動はアンモニアが増加するため、肝臓はその処理に追われることになります。
ウォーキングやヨガ、太極拳など、あくまで適度な運動がポイントです。

睡眠不足、過労を避ける 睡眠は休息の時間でもありますが、体中の細胞や臓器の修復時間でもあります。
一日6時間~8時間はしっかりと質の良い睡眠をとれるよう工夫しましょう。
働き過ぎも体と心にとって良くありません。体が動かなくなったら仕事もできなくなります。しっかり休息をとりましょう。

ストレスはその日のうちに解消!を目標! ストレスは万病のもととなります。
ストレスは毎日、その都度、解消するのが一番です。
呼吸法で気持ちを落ち着かせたり、友達と出かけたり、映画や演劇や寄席などで思い切り笑ったり、泣いたりして、色々試して自分がスッキリする方法を探しましょう。

ストレス解消のための漢方薬もあります。
笑顔で元気な年をはじめましょう!
どなたさまもお気軽に亀甲堂カナヰ薬局までご来店ください☆

▲ TOP