健康歳時記



    冷えのぼせ


手足はすっごく冷たく冷えているのに、頭や顔だけが熱くなる。首元に汗をかく。
もしかしたら更年期?・・・でも、まだ更年期には早いのでは?

近年、単純な冷えだけでなく、冷えのぼせの方が増えています。
50代以上の方は「更年期」と混同して考える方が多くても、20代~40代前半の方は「おかしい!」と考えてしまいますよね。

冷えのぼせの原因を知って、適切に対応しましょう。


    『手足が冷えて』『頭や顔がのぼせる』『汗をかく』以外に、こんな症状ありませんか?


冷えのぼせ  頭重  冷えのぼせ  肩こり  冷えのぼせ  生理痛  冷えのぼせ  生理不順  冷えのぼせ  貧血  冷えのぼせ  ニキビ、吹き出物、しみ

冷えのぼせ  イライラ  冷えのぼせ  動悸  冷えのぼせ  精神不安  冷えのぼせ  寝つきが悪い、眠りが浅い、眠れない  冷えのぼせ  むくみ、眩暈



冷えのぼせの主な原因は、心身のバランスの崩れにあります。

中医学では、身体を温めるのは主に血(けつ)と腎(じん)の仕事と考えます。

血が足りない血虚の状態、血の流れが滞っているオ血の状態、腎の機能低下など。そうした冷え体質になってしまうそもそもの主な原因は、冷たいものや生ものの多食、エアコンの使い過ぎ、運動不足、生活リズムの乱れなどです。

寒気から身体を守る機能が正常に働かないと、一番大事な頭部を守ろうとして身体は手足を温めるよりも先に頭部を温めようとします。しかし、どこかの不調により全体のバランスが崩れていますから、手足が冷えて頭や顔がのぼせる、という現象が起こってしまうのです。

冷え性はほうっておいても良いことはありません。

一旦、冷えスパイラルにはまってしまった心身でも、適切な対応をすることで、自分で自分を温められる身体にしていくことは可能です。



冷えないとこんな良いことがあります
 免疫力が上がる!
 頭痛、生理痛がなくなる!
 太りにくくなる!
 シミ、くすみがなくなる!
 ぐっすり眠れる!
 血の流れが良くなり、老廃物の排出もスムーズに!

冷えのぼせ





    冷えのぼせから脱却!


まずは外側からも内側からも温めてあげましょう。
同時に、冷えのぼせ体質の原因を漢方薬で解決していきましょう。

温めポイント  首のうしろ     足首     お腹     お尻

体を温める食べもの 生姜・ニンニク・ねぎ・山芋・栗・シナモン・朝鮮人参・うなぎ・羊肉などがオススメです。冷たいものの飲食は控えましょう。生ものも体を冷やします。お酒も控えめにしましょう。

生活習慣の改善ポイント 激しい運動は控え、ウォーキングや太極拳、ヨガ等を、出来れば毎日行ってみましょう。階段を積極的に利用したり、帰りは一駅歩いたり、といった工夫も良いですよ。汗をかかない程度に、とにかくこまめに体を動かす事がオススメ。

衣服は通気性の良い綿など、また、脱ぎ着がしやすい服装で体温調節をするなど心がけてみましょう。

きつめの服装やピンヒールなどで血行を止めてしまうと体は冷えます。また、首元や肩が広くあいた服、ミニスカートやショートパンツ、ローライズといった露出の多い服は夏でも避けましょう。

一年を通して、エアコンの多用はせず、涼暖は衣服で調整することが理想。ただ、無理はしないでくださいね。


    冷えのぼせの代表的な漢方薬

冷え全般に対応する代表的な漢方薬をいくつかご紹介します。
まず、イスクラ婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)。女性の宝といわれる当帰(とうき)をはじめとする8種類の生薬で構成されています。

他には、補血・補腎の参茸補血丸(さんじょうほけつがん)、補腎の参馬補腎丸(じんばほじんがん)八味丸(はちみがん:金匱腎気丸)、活血化オの冠元顆粒(かんげんかりゅう)、気の不調を改善する逍遙丸(しょうようがん)などがあります。

貴方の体質や症状に合わせて適切な漢方薬をお選び致します。お気軽にご相談にいらしてください。
冷えのぼせの代表的な漢方薬

亀甲堂カナヰ薬局では、
漢方薬をお選びする他、生活養生法や食養生のアドバイスもしております。
どなたさまもお気軽に亀甲堂カナヰ薬局までご来店ください☆

▲ TOP