健康歳時記



    ジュクジュク皮膚トラブル


湿度と気温が高くなる、梅雨時期から夏に多くなるご相談としてジュクジュクお肌のトラブルがあります。

子どもの皮膚の厚さは、大人の皮膚の半分ほど、その分体温調整がまだうまくできないため、あせもや湿疹、皮膚の炎症などの皮膚トラブルがでやすい季節です。 また、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患をもともとお持ちの方も、汗や紫外線の影響などで悪化しやすくなる季節です。

    夏に多い皮膚トラブル


熱中症予防のポイント  皮膚の炎症

熱中症予防のポイント  皮膚のかゆみ

熱中症予防のポイント  ジュクジュク皮膚炎、皮膚湿疹


中医学では、自然界の外気が体に悪い影響を与えるとき外邪(がいじゃ)といい、邪が内なるものである場合は内邪(ないじゃ)といいます。

梅雨から夏にかけての湿気→湿邪(しつじゃ)となり、暑さ→暑邪(しょじゃ)となり、エネルギーコントロールがうまくできず、体内で熱暴走を起こしている場合は熱邪(ねつじゃ)が内因となって合わさり、また『ムシムシするから、暑いから・・・』といって、冷たいものや氷をがぶがぶ飲んだり食べたりしていると、体の内側に余分な水分を停滞させ、体の内側からも湿を発生させてしまい、ますます皮膚トラブルを悪化させます。

お肌は内臓の鏡です。
ジュクジュクお肌は特に、食べすぎ・飲みすぎの為、胃腸の機能が低下していることが原因です。外側からのスキンケアも大切ですが、内側からのケアも忘れないようにしたいものです。


    舌が紅い人は・・・


体内に過剰な熱がこもっていて、ジュクジュク皮膚炎や炎症を起こしています。

熱代謝がうまくいかないと、暑がりでのぼせやすい、顔が赤い、目が充血しやすい、口臭がある、口内炎がある、興奮しやすい、といった症状が表れやすくなります。

血熱

    舌に粘る白く厚い苔がある人は・・・


体内に余分な水分が停滞していて、ジュクジュク皮膚炎や炎症を起こしています。

水分代謝がうまくいかないと、むくみやすい、からだが重だるい、口が粘る、軟便でねばりやすい、肥満といった症状が表れやすくなります。

湿熱



    ジュクジュク皮膚トラブルを治すための養生法


熱中症予防のポイント  冷たく冷えたものは飲まない!食べない!

熱中症予防のポイント  お刺身や生肉など、生ものは食べない!

熱中症予防のポイント  チョコレートやスナック菓子、揚げ物、動物性脂など、脂っこいものは控える!

熱中症予防のポイント  適度に汗をかくようにする!早朝や夕方の有酸素運動がおすすめ♪

熱中症予防のポイント  汗をかいたら、こまめにシャワーをする!衣服を着替える!

熱中症予防のポイント  吸汗制の通気性の良い衣服で快適に過ごす!

熱中症予防のポイント  部屋はこまめに換気をし、こまめに掃除をして、ダニやカビの増殖を避ける!



    おすすめの食べもの


冬瓜、苦瓜、きゅうり、トマト、なす、はと麦、緑豆、春雨、ビーフン、わかめといった、熱をとり余分な水分を排出してくれる食べものをスープなどにして、温かい状態で食べることをおすすめします。

ビワ、スイカなども余分な水分を排出し、水分代謝を整えてくれる果物野菜です。冷たく冷やして食べると胃液が薄まり、胃腸が疲れてしまいますので、ぜひ常温で食べてください。

きのこ類は免疫力を高めてくれます。
きのこ類は毎日食べてお肌の免疫力をUPしましょう。

野菜はたくさん食べましょう。
野菜は便通を良くして、胃腸の調子を整えてくれます。
はと麦茶、どくだみ茶は、常飲すると良いでしょう。

ジュクジュク皮膚トラブルにおすすめの食べもの

ただれ、水泡、ジュクジュク皮膚トラブルには、水分代謝を整えて熱を冷ます、
瀉火利湿顆粒(しゃかりしつかりゅう)などが代表的な漢方薬で、
更に熱毒が強い場合には、清営顆粒(せいえいかりゅう)や
涼解楽(りょうかいらく)をプラスオンすることもあります。

また、毒を排出する十味排毒湯(じゅうみはいどくとう)や五行草(ごぎょうそう)、
胃腸の調子を整える晶三仙(しょうさんせん)などが適応の方もいらっしゃいます。

亀甲堂カナヰ薬局では、
漢方薬をお選びする他、生活養生法や食養生のアドバイスもしております。
どなたさまもお気軽に亀甲堂カナヰ薬局までご来店ください☆

▲ TOP