健康歳時記



    胃痛と漢方





胃痛は、中医学では『胃月完痛』ともいい、胃月完部(胃周辺)から心下(鳩尾)の間に時々おこる疼痛の事で、最も多くみられるのは


胃痛と漢方

寒邪客胃  寒邪客胃(かんじゃきゃくい)

冷たいものの飲みすぎ、食べ過ぎが原因なので、お腹を温めると楽になります。
口は渇きません。舌苔は白薄。
処方は『生姜紅糖飲(しょうきょうこうとういん)』『良附丸加味(りょうぶがんかみ)』。


飲食傷胃  飲食傷胃(いんしょくしょうい)

ゲップや嘔吐、オナラをすると痛みが楽になり、暴飲暴食が原因です。
舌苔は厚くネットリとしている。処方は『保和丸(ほわがん)』『承気湯(じょうきとう)』。


肝気犯胃  肝気犯胃(かんきはんい)

ストレスが胃を直撃し、張ったような痛み。部位は、肝胆の経絡が通る胸脇部に出ます。
舌苔は多く白薄。処方は『柴胡疎肝散(さいこそかんさん)』『四逆散(しぎゃくさん)』。


肝胃鬱熱  肝胃鬱熱(かんいうつねつ)

ストレスが長引くと熱化し、鬱熱になり、肝鬱加熱が胃を攻撃。
熱なので痛みは灼熱で、口は苦く乾きます。舌紅苔黄。処方は『化肝煎(かかんせん)』。


おけつ停滞  おけつ停滞(おけつていたい)

ストレスで気の巡りが悪く(気滞)なり、その状態が長引くとおけつになります。
おけつ特有の刺されるような痛みが同じ部位におこります。舌質紫暗。
処方は実証に『失笑散(しっしょうさん)』、虚証に『調営斂肝飲(ちょうえいれんかんいん)』。


胃陰虚  胃陰虚(いいんきょ)

胃痛が長引くと熱化し、陰を傷つけますが、この時の痛みは激しくありません。
陰液不足のため、口は乾き便秘に。舌紅苔少。
処方は『一貫煎合芍薬甘草湯(いっかんせんしゃくやくかんぞうとう)』『沙参麦門冬湯(しゃじんばくもんどうとう)』。


脾胃虚寒  脾胃虚寒(ひいきょかん)

胃痛が慢性化して脾胃の機能が低下し、身体を温める事が出来ず冷えを生じ、シクシクした痛み。
舌淡苔白。処方は『黄耆健中湯(おうぎけんちゅうとう)』。

のびのびと過ごそう
▲ TOP

胃痛は日常の食養生も大切です。
生ものや冷たいもの、甘いものの摂り過ぎに注意し、食べ過ぎにも気をつけてくださいね。
また、ストレスは胃を傷めます。ストレスに弱い方はまめに発散してくださいね。

脾胃の働きを養う食材は、インゲン豆・白身魚・キャベツ・山芋等です。

亀甲堂カナヰ薬局では、生活習慣・食養生・漢方薬の三本柱で貴方をサポート致します!!

どなたさまもお気軽に亀甲堂カナヰ薬局まで☆