健康歳時記



    感冒と漢方


        感冒とは風邪とも書き『ふうじゃ』とも読みます。主に風邪(ふうじゃ)が身体に入り込むことによって生じる疾患です。
        外邪(外から健康を害するもの)である「風邪(ふうじゃ)」は他の邪とペアを組みたがり、ペアになる相手の邪によって
        対応方法が変わります。




風寒邪による感冒  風寒邪(ふうかんじゃ)による感冒

悪寒・発熱・汗はかかず、頭痛・倦怠感・鼻詰まり・鼻水・咳・舌苔白。

感冒の初期には『荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)』、特に麻黄剤の使えない方に、使用できる漢方薬です。
その他に蕁麻疹や湿疹などの皮膚疾患にも効果があります。

項背(こうはい:うなじと背中)のこわばりや肩こり・全身の節々の痛みには『葛根湯(かっこんとう)』がよろしいでしょう。



風寒邪による感冒


風熱邪による感冒  風熱邪(ふうねつじゃ)による感冒

発熱・軽い悪寒・咽頭痛・口渇・粘痰・鼻詰まり・舌紅苔黄。

風熱邪の侵入を受けた時の代表処方には『銀翹散(ぎんぎょうさん)』があります。特に咽頭痛や扁桃腺炎・口内炎など、頭部の炎症に威力を発揮します。

喘息の他、鼻詰まりや黄色い鼻水などの鼻症状には『麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)』がおすすめとなります。



風熱邪による感冒


暑湿の邪による感冒  暑湿の邪による感冒

いわゆる夏風邪、湿邪によるものなので、肢体がだるく、粘性の痰が多く、軟便や食欲不振などの胃腸症状を伴います。舌苔は厚く、白または黄色。

理気薬が多く入っているので、胃の膨満感やつかえなどに適応なのが『香蘇散(こうそさん)』。
胃腸症状のある感冒には『かっ香正気散(かっこうしょうきさん)』。食あたりや二日酔いにも良いので、常備しておくと便利です。



暑湿の邪による感冒


虚弱者の感冒  虚弱者の感冒

もともと身体が虚弱だったり、病後体力が低下している時の感冒。

虚弱なので、感冒にかかりやすく、息切れや疲労倦怠感が起こりやすいのが特徴です。
普段から疲労倦怠感や息切れのある方にオススメするのが『参蘇飲(さんそいん)』です。

身体の周りに玉の屏風を立てて、邪の侵入を食い止めるという意味の漢方薬が『玉屏風散(ぎょくへいふうさん)』。風邪の予防の他にも、アトピーや花粉症、体質改善にも優秀な漢方薬です。


普段から冷えのある方へは、『麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)』。とめどなく流れる薄い鼻水や花粉症や鼻炎にもオススメです☆



虚弱者の感冒

▲ TOP

一口に風邪といってもその治し方はさまざま。
証にあった漢方薬で、早めにしっかりと治しておきましょう。

亀甲堂カナヰ薬局では、生活習慣・食養生・漢方薬の三本柱で貴方をサポート致します!!

どなたさまもお気軽に亀甲堂カナヰ薬局まで☆