健康歳時記



    月経痛と漢方


        月経痛は中医学では『痛経』といい、病因は大きく4つあります。





月経痛  ストレス等から情緒不安となり血液循環を悪くして生じる肝鬱や気滞によるおけつの痛み。

肝鬱タイプは、月経前から月経中に痛むのが特徴で、月経血に塊が混ざっていたり、月経前に乳房張痛もあります。月経中にイライラが起こりやすいのもこのタイプ。

漢方では「加味逍遙散」に「芍薬甘草湯」を合方して使います。また、便秘やのぼせに加え、不眠や不安などの精神神経症状には「桃核承気湯」、気の通りを良くしておけつをとる食材は、みかん・ニラ・キクラゲ等。



月経痛イライラ


月経痛  冷えからの痛み。

日頃から薄着をしたり、冷たいものの食べ過ぎや飲み過ぎ、月経中に身体を冷やしてしまったのが原因で、おなかを温めると楽になります。

この場合、寒湿の邪が血流を悪くしているので、経絡を温め、血液循環を良くする処方の「温経湯」があります。

ネギ・ニラ・にんにく・生姜などの身体を温める食材を摂るようにしましょう。



月経痛冷え


月経痛  胃腸が弱い、または慢性疾患や出血で気血両虚になり、骨盤内に栄養がいかないで生じる痛み。

月経中から月経後の鈍痛、揉むと痛みが緩和し、月経血は少なく、色も淡い。

気虚に使う四君子湯に、血虚の四物湯を合方した処方に八珍湯があり、それに黄耆と桂皮を足して十にした処方が「十全大補湯」です。大補元気、補気、補血の処方です。

気を補う食材には、うるち米・もち米・山芋・しいたけなど。
血を補う食材にはキクラゲ・松の実・ほうれん草・人参。



月経痛胃腸虚弱


月経痛  先天的に虚弱体質で衝脈や任脈に栄養がいかないために生じる痛み。

月経後半から痛むことが多く、月経痛以外に腰痛などを伴い、腎を補う漢方薬が必要です。

食材には、小麦・クルミ・栗・蓮の実。紅茶に川キュウやマイカイカを入れたハーブティもオススメ。

川キュウやマイカイカは漢方薬局で購入できます。



月経痛虚弱体質

▲ TOP

健康な人には月経痛はありません。
月経痛がある、ということは、貴女の身体に何かしら不調があるということです。
しっかり対応して、月経痛のない毎月を過ごしましょう☆

亀甲堂カナヰ薬局では、生活習慣・食養生・漢方薬の三本柱で貴方をサポート致します!!

どなたさまもお気軽に亀甲堂カナヰ薬局まで☆