健康歳時記



    万病のもと  おけつ(おけつ)


血液は血管を通って、身体のすみずみまで酸素や栄養分を送り届け、また老廃物を運び出すという大切な役割を担っています。

この流れがスムーズにいかないと、体内の組織はダメージを受け、様々な病気を引き起こします。

血液が何らかの原因によって流れにくくなったり、流れなくなった状態を中医学ではおけつといいます。

おけつは、年齢とともにひどくなります。
痴呆もそのひとつ。心筋梗塞、狭心症、脳梗塞なども、血液が固まって流れにくくなった事によるおけつが原因といえます。

西洋医学的には血管内のかたまり血栓ができ、血管を塞いで、その先に酸素や栄養分が運ばれなくなってしまう、血栓症です。

血栓症が、心臓動脈で起こると心筋梗塞、脳動脈で起こると脳梗塞となります。


万病のもとオケツ


    おけつ(おけつ)のサイン


痛む。しこる。黒ずむ。
体内におけつが発生しているかどうかの有無。


痛む
狭心症や心筋梗塞は心臓がギュッとしぼられるような痛み、頭痛や腹痛、関節痛、胃潰瘍のように、キリキリと刺すような痛み。


おけつのサイン痛み


しこる
血行不良が続きますと、その場所がせり上がって、腫れたりします。子宮筋腫や卵巣嚢種等、コブ状になるもの、皮膚の変化、結節など、しこりが出来た部分に痛みを伴うことが多く、痛みは固定し、移動しないのが通常です。


おけつのサインしこり


黒ずむ
黒ずみは、舌や唇によくあらわれ、特に舌は血液の色を敏感に映します。健康な人の舌はピンク色をしていますが、おけつがありますと全体的に暗紫色になったり、一部に紫色の斑点がでたりします。皮膚に黒ずみが出たり、打ち身の青あざ、アトピー性皮膚炎など皮膚が厚く、カサカサになった状態も同様です。更に静脈がミミズのように皮膚表面に浮き出るということもあります。


おけつのサイン黒ずみ



血液をサラサラにする食べ物には、マイワシ・サバ・アジ・うなぎ・玉ねぎ・ししとう・らっきょう・ほうれん草・トマト・紫蘇などがあります。
また、おけつになる原因は、人それぞれ異なりますので、ひとりひとりに対応した食養生も大切です。お気軽にご相談にいらしてくださいね!

▲ TOP

おけつ(おけつ)のサインに気が付いたら、早めにご相談にいらしてください。

中医学には、血液を活き活きと、サラサラにする知恵や方法がたくさんあります☆

亀甲堂カナヰ薬局では、生活習慣・食養生・漢方薬の三本柱で貴方をサポート致します!!

どなたさまもお気軽に亀甲堂カナヰ薬局まで☆