健康歳時記



腸管免疫と血液



昔々、わたしたちの御先祖様である哺乳動物が発生する時、
細胞分裂によって球状の胚が出来、やがてその一部がくびれて二層の細胞からなる胚が出来ました。

消化管の原型です。

開口部は、やがて肛門になり、反対の極は穴があいて、口になりました。


腸管免疫と血液

血管や気管や尿管などが出来るより、ずっと前に腸管の原型が作られたのです。
哺乳動物 → 人間の基は腸管から、とも言えます。

そして大切な事は、消化管が免疫の中でも重要な働きをもっていることであり、口から肛門までの消化器は、粘膜下の血管の周囲にたくさんの免疫細胞が分布されていることです。

マクロファージ、T細胞、B細胞など、胃から肛門にいたる全長8メートルにも及ぶ管の粘膜下に装備されています。これらは常に崩壊し、新生している細胞に起こりやすい癌化の兆しを発見し、排除処理をする役割を担っています。

▲ TOP


腸内環境と血液

漢方医学では1000年も前から『血液の汚れがすべての病気の原点である』と考えられ、血液の流れが悪い状態を「オ血(おけつ)」という概念でとらえています。

オ血とは『血液がドロドロ』のこと。汚れの正体は主に尿酸や乳酸などの老廃物、コレステロールや中性脂肪などの余剰物です。

現代人は血液の汚れが特に顕著だといわれます。
原因は、ストレスや運動不足、冷えなど様々ですが、やはり一番の問題は食生活でしょう。


血液サラサラとドロドロの分かれ目には、腸内環境の良し悪しが大きく関わっているのです。

腸で吸収された栄養素は、血液に乗って全身の細胞に取り込まれます。その時、腸内の細菌バランスが悪いと腸内腐敗がおこり、毒素が発生します。

そして、腸や肝臓で解毒しきれなかった毒素や有害物質も、栄養素と一緒に血液に溶け込んでしまいます。

心臓から押し出された血液は、体内を一周して戻ってくるまでに1分かかりません。腸内の汚れは全身にひろがってしまうのです。

きれいな腸は、きれいな血液の基本ですから、サラサラ血液を取り戻す第一歩は、腸の健康チェックをすることから始まります。


腸内免疫と血液

▲ TOP


腸の健康チェックをしてみませんか?
血液の流れが気になる方も亀甲堂カナヰ薬局にご来店ください。

健康アドバイスの出来る専門スタッフが親身にお話を伺います。
どなたさまもお気軽に亀甲堂カナヰ薬局までご相談ください。