健康歳時記



眼精疲労

現代はパソコンの時代。特に一日中パソコンとにらめっこしている若いOLの方たちの悩みは深刻で、肩こり・眼精疲労は慢性化していきます。

目は目だけでなく、体の各部位はすべてつながりをもつと考えられている中医学では、内臓と感覚器官との関連を重視し、目と内臓のつながりを、瞳孔黒眼の部分は白眼の部分は目頭目尻まぶた脾(消化器)といったように関連づける考え方があります。

いずれにしても、目の健康にとっては、瞳孔黒眼の関係、肝腎かなめと言われるように、生命活動の中心になるは、働きを補いあう臓器なのです。

「肝は目に窮を開く」という言葉があるように、眼はとつながりが深いのです。は血を臓するところ、は精を臓するところ、に蓄えられた腎精はの血と協力しあって、目の代謝を促進しているのです。

目の使いすぎは精血を消耗させ、疲れ目、視力の減退といった目の異常につながり、更に加齢による肝、腎の衰えは老眼や老人性白内障の引き金にもなります。

肝腎の働きを同時に強化する処方といえば『六味丸』に枸杞子と菊花を加えた『杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)が代表的です。


【症例】 26歳 女性 OL

  • 終日パソコンでの作業
  • ひどい肩こり
  • 慢性的な頭痛・眼痛
  • 疲れが極限に達している
肩はパンパンに張って指が入らないくらいでした。まず肩こりから。そして仕事の加重によるストレスの開放。座位でも出来る運動を心がけて頂き、若い彼女には、藤原紀香さんも愛用の目の総合栄養がたっぷり詰まったサプリメント天眼をオススメしました。諸症、緩解。彼女の笑顔が美しく輝いています。

眼精疲労



▲ TOP



アレルギー体質

中医学では、生命エネルギーを気といいます。体表面は衛気(えき)という免疫やバリア機能のある気によって守られていると考えます。ストレスや過労、睡眠不足などは衛気(えき)を衰えさせる大きな原因です。また、中年以降、急に花粉症になるのは老化による免疫力の低下と深い関係があるようです。
衛気(えき)が低下すると・・・
  • 風邪を引きやすくなる
  • 胃腸が弱くなる
  • 花粉症、喘息、アレルギー症状がでやすくなる
皮膚や粘膜の防御力を強化する目的の処方で有名なのが【玉屏風散(ぎょくへいふうさん)です。玉屏風散(ぎょくへいふうさん)は、黄耆(おうぎ)防風(ぼうふう)百朮(びゃくじゅつ)で構成されております。

マメ科の多年生植物である黄耆(おうぎ)には体温を正常に保つ「温煦(おんく)作用」や汗や血液などが必要以上に体外へ流出するのを防ぐ「固摂(こせつ)作用」、また外邪(がいじゃ:ウイルスや細菌、気温や湿度などによる影響)の侵入を防ぐ「防御作用」などがあります。

アレルギー体質

セリ科の多年生植物である防風(ぼうふう)には、特に風邪(ふうじゃ:季節の変化などにより病因を体に侵入させる)・寒邪(かんじゃ:人体の陽気を奪う)・湿邪(しつじゃ:湿気によって血液や気の流れを停滞させる)に対応する生薬として代表的なもので、風邪の予防のほか、関節炎や腰痛、顔面神経痛などに用いられています。

キク科オケラ属の多年草、百朮(びゃくじゅつ)は、消化機能を高めて胃腸を丈夫にする「補気健脾(ほきけんぴ)作用」や、余分な水分を代謝させる「燥湿利水作用」に優れています。

玉屏風散(ぎょくへいふうさん)の処方は、日本では衛益顆粒(えいえきかりゅう)として製品化されています。 難治なアレルギー症状やつらい花粉症を衛益顆粒(えいえきかりゅう)で乗り越えましょう!


▲ TOP



健康歳時期は徒然更新致します。
皆様が健康でいられるように、と切に願っております。

健康に関する疑問・質問がございました場合には、
どなたさまもお気軽に亀甲堂カナヰ薬局までご相談ください。