健康歳時記



風邪

全山紅葉、冬はもう間近に来ています。今年は早い時期から喘息や風邪のご相談が多いようです。
風邪は体内に侵入する案内役のようなもので、寒邪や熱邪、湿邪を引き連れて病気の原因を作ります。 カゼの場合も、症状が寒性のものと熱性のものかによって「風寒型」と「風熱型」にわかれ、また胃腸が虚弱な「脾虚証」もあります。


風寒型(青いカゼ) 体の冷えや悪寒などの寒性の症状が強いのが特徴。

  • ゾクゾクと寒気がする
  • 頭が痛い
  • 透明な水っぽい鼻水が出る
  • 手足の冷え
  • くしゃみ、咳
このタイプのカゼは体を温めるのがポイント。温めて冷えを取り除く「葛根湯」特に頭痛がする場合は「頂調顆粒」などを使います。また痰や鼻水の症状がひどい場合は「小青竜湯」。特に痰が多くて胸が苦しい場合は「乎喘顆粒」などを用います。

風寒型(青いカゼ)



風熱型(赤いカゼ) 初期から寒気はなく熱性が強いのが特徴。

  • 体が熱っぽい
  • のどが腫れて痛む
  • 黄色い粘りのある痰や鼻水が出る
  • 口や鼻の乾燥
  • 尿の色が濃い
  • 舌が紅い
この場合は体の熱を冷ます「天津感冒片」や「涼解楽」などを使い、鼻炎や鼻づまりがある場合は「鼻淵丸」。咳がひどい場合は「麻杏止咳錠」などが使われます。地球温暖化の時代、この風熱型のカゼが多くなりました。

風熱型(赤いカゼ)



「脾虚証」のカゼ 普段から胃腸が弱く、カゼの時も腹痛や下痢、吐き気など胃腸症状が強い人は、余分な水分が胃腸機能を低下させます。
この場合は、水分代謝を改善する「勝湿顆粒」が用いられます。

脾虚証のカゼ


カゼをひきやすい人とカゼをひきにくい人 寒くてもカゼをひかない人や年中カゼをひく人がいるように、免疫力や抵抗力のある体質を作ることがカゼの予防になります。
冬は暖房などで室内が乾燥しやすくなり、こうした環境は呼吸器の粘膜にカゼのウイルスが増殖しやすい温床になってしまいます。 室内では加湿器を使ったり、お湯を沸かしたりなどして、適度な湿気を与えるようにしましょう。
そして、うがい。外出から帰った時に「板藍茶」でうがいをしたり、お茶として飲んだりして予防しましょう。


カゼの予防に板藍茶と板藍のど飴




▲ TOP



秋の養生

うだるような夏の暑さも一段落し、過ごしやすい季節の秋です。
今年の夏は暑さと雨が多く、高温多湿の典型的な日本の夏でしたね。


秋は夏の疲れや肺機能の低下に気をつけましょう 自然界では秋は植物の花が散り、実がなる季節です。自然界に存在する人間もその影響を受けていますので、枯葉が落ちるように髪の毛が抜けたり、ミネラルや潤いが不足しがちになり、だるい、食欲がない、など夏の疲れが出やすくなります。

また、日照時間が徐々に短くなり、昼夜の気温差も大きくなります。昼は気温が高いので薄着のままでいると、夜に体が冷え、肺機能が低下し、カゼをひきやすくなってしまいます。

肺は呼吸を司る器官全般を指しますが、皮膚も大きく関連しています。
呼吸は空気中から水分や酸素を体内に取り入れ、二酸化炭素や毒素を排出する働きをしますが、肺機能が低下すると喉の粘膜が乾燥し痰がからんだり、咳がでたり、肌がカサカサになって痒くなったりします。

アトピーや喘息などの持病をお持ちの過多は、この季節に症状が出やすいのでしっかりと養生を心がけましょう。


旬の食べもので体に潤いを! 肺は潤いを好み、乾燥を嫌うという性質を持っています。皮膚呼吸をする皮膚も同様です。

潤いをアップさせる代表的な食材は「長芋」です。刻んで干したものは「山菜」と呼ばれる漢方薬にもなり、消化力を促し下痢を止めるという作用もあります。 ほかに体の潤いを促す根菜や実には、銀杏・レンコン。果物では梨や葡萄、柿といった旬の果物で、体に欠けた潤いを補ったり、白きくらげや白胡麻、豆腐、豆乳など白い食材やコラーゲンがたっぷりなスッポン、カニ、サンマなどもおすすめです。

生活習慣としては早めに寝て、たっぷりと睡眠をとりましょう。また、デトックスが流行していますが、汗をかきすぎると疲れ、気虚になりやすくなりますので、この季節はサウナは控えめに。運動や入浴で自然に汗を流すのがベターです。

お茶や旬の果物で水分補給をし、化粧水やクリームなどで皮膚の保湿を心がけましょう。

この時期の養生が冬になるとより効果を表します。体の中と外に潤いをたっぷり取り入れて元気に過ごしていれば寒い冬を迎えても安心です。

潤す食べもの



▲ TOP



健康歳時期は徒然更新致します。
是非あなたとご家族の毎日のヘルスケアのご参考にしてください。

健康に関する疑問・質問がございました場合には、
どなたさまもお気軽に亀甲堂カナヰ薬局までご相談ください。