食性を知ろう


食べることは薬を飲むことと同じくらい大切、薬を飲むことは食べることと同じくらい大切!薬食同源。
今月は、【食性を知ろう】です。食べものの特性を知って、最適な活用をしましょう。



食べものには性があります


現代は世界中の食べものが気軽に手に入るようになり、とても有り難いことなのですが、反面、食べものの旬や季節性がわかりずらくなっています。

食べものには「体を温める」「体を冷やす」といった性があり、そのほとんどは気候風土などに則しています。

例えば、夏野菜の代表格トマトやきゅうり、スイカなどは、暑い夏に火照った体を冷まし、余分な水分を熱とともに排出してくれる食べものです。

体調や体質にあわせて、冷える時は「温・熱性」の食べ物を、のぼせがある時は「涼・寒性」の食べ物を摂るようにして、体の中からバランス良く体調を整えていきましょう。



からだを冷ます食べもの


寒性または涼性の食べものは、暑い季節や、ほてりのぼせのある体にこもった余分な熱や水分、毒素を排出してくれます。
  性・味 作用
ほうれんそう 涼・甘 良い血を養う
トマト 微寒・酸、甘 血を増やし、肝の働きを良くし、血管を強くする、体を潤しのどの渇きをとる
セロリ 涼・甘、苦 気のめぐりを良くする、血圧降下、鎮静
冬瓜 微寒・甘 利尿、余分な熱や水分を排出
ごぼう 寒・甘、微苦 消炎解毒、利尿通便、のどの痛みをとる
苦瓜 寒・苦 熱を冷ます、解毒
れんこん 寒・甘 体を潤す、熱を冷まし渇きをとる、止血、鎮静
緑豆(りょくとう) 涼・甘 熱を冷ます、のどの渇きをとる、利尿、解毒
ナシ(梨) 寒・甘、微酸 特に肺を潤す、咳止め去痰
バナナ 寒・甘 血圧降下、通便、細胞を潤す
小麦 微寒・甘 清熱、利尿、渇きをとる
はと麦 微涼・甘、淡 水分代謝を良くし、むくみをとる、美肌、吹き出物に
豚肉 微涼・甘 血を補い、体を潤す、疲労回復
アサリ、しじみ 寒・甘、鹹 肝の働きを良くする、利尿、解毒、こりやしこりを散らす
昆布、わかめ 寒・鹹 利尿通便、免疫力を高める
牡蠣 微寒、平・鹹 滋養強壮、肝の働きを良くし血を増やす


からだを温める食べもの


熱性または温性の食べものは、寒い季節や冷えのある方の体を温め、気血のめぐりを良くしてくれます。
  性・味 作用
たまねぎ 温・辛 体を温め、血のめぐりを良くする
にら 温・甘、辛 体を温め、血のめぐりを良くする、胃腸の調子を整え食欲増進、疲労回復
かぼちゃ 温・甘 利尿、解毒、肺を潤す、食欲増進
人参 温・甘 気血を養い、目の疲れを解消、胃腸の働きを良くし、免疫力を高める
にんにく 温・辛 体を温め、血のめぐりを良くする、疲労回復、滋養強壮、解毒殺菌
生姜 温・辛 発汗、吐き気をとる、解毒、食欲増進
黒豆 温・甘 むくみをとる、腎を補う
みかん 温・甘、酸 胃腸の調子を整える、利尿、渇きをとる
微温・酸、甘 肌をなめらかにする、血のめぐりを良くし、痛みをのぞく、通便
温、甘 気を補う、脾胃腎の働きを高める
海老 温・甘 体を温め、胃腸の働きを高める、血を養う
いわし 温・甘、鹹 気血を補い、血のめぐりを良くする
牛肉 温・甘 気を補う、滋養強壮
羊肉 熱、温・甘 生理を整える、体を温める


平性の食べもの


冷やす、温める、どちらにも属さない平性の食べものは日常に取り入れやすい食べものです。
  性・味 作用
山芋 平・甘 気を補い、腎と胃腸の働きを良くする、血糖降下
春菊 平・辛 気のめぐりを良くする
かぶ 平・甘辛 消化促進、清熱解毒、利尿
しいたけ 平・甘 免疫力を高める、健胃、肝を補い血圧を調整する
いんげんまめ 平・甘 胃腸の働きを良くし、余分な水分を排出
えだまめ 平・甘 気を補う、胃腸の働きを良くする、利尿、解毒
白きくらげ 平・甘 体を潤し、美肌、免疫力を高める、滋養強壮
黒きくらげ 平・甘 血を補い、血のめぐりを良くする、通便
黒ゴマ 平・甘 血と腎陰を補う、滋養強壮、通便
玄米 平・甘 気を補い、胃腸の調子を整え、通便
いちご 平・甘、酸 気血を補い、体を潤す、疲労回復
ぶどう 平・甘、酸 気血を養い、肝と腎を養いイライラをおさえる、利尿
いちじく 平・甘 解毒、胃腸の働きを良くし、腸を潤し通便、肺を潤し咳をとめ、去痰
さんま 平・甘 気血を補い、血のめぐりを良くする
鶏肉、鶏卵 平・甘 気血を補い、消化機能を高める


いのちを育む食べものを美味しくいただきます!


動物も、魚も、貝も、海藻も、野菜も、果物もすべて、いのちあるもの、そのいのちをいただいて、わたしたちは生きて、いのちをつないでいます。食べものは余すところなく、美味しくいただけるようになると嬉しいですね。

亀甲堂カナヰ薬局ではあなたにあった食養生のご案内も差し上げています。お気軽にご相談にいらしてください。

食性を知ろう☆亀甲堂カナヰ薬局"


▲ TOP

※ひとりひとりの体質や症状によって、おすすめの漢方薬が異なります。
貴方に一番ベストな漢方薬をチョイスする為にも、
服用の際は亀甲堂カナヰ薬局へご相談くださいませ

 お店のご案内