風邪の時の食養生


食べることは薬を飲むことと同じくらい大切、薬を飲むことは食べることと同じくらい大切!薬食同源。
今月は、【風邪の時の食養生】をご紹介します。



どんなに予防していても・・・?


マスクをしたり、帰宅後はうがい&手洗いをしたり・・・

しっかり予防をしているつもりでも、風邪をひいてしまうことありますよね。

風邪をひいてしまったら、なるべく早く治したい!
そんな時におすすめの食養生を紹介いたします。

フケ症☆亀甲堂カナヰ薬局



風邪のひきはじめには


風邪をひいてしまった時は、どうしても食欲が落ちてしまいます。
しかし食事のケアをおろそかにすると、どんどん体力が落ちてしまい、風邪も長引いてしまいます。
風邪のひきはじめの食事のポイントは、体を温めるもの。
スープやお鍋にして温かい状態でいただきましょう。

体を温める食べもの
長ネギ・大根・生姜・にんにく・梅干し・くず・りんご・キンカン・紫蘇の葉・味噌・蜂蜜など
風邪の食養生☆亀甲堂カナヰ薬局"

本格的に風邪をひいてしまったら


本格的に風邪をひいてしまったら、胃腸が弱っているので、消化が良く胃腸の機能を高くしてくれる食べもので抵抗力を高めていきましょう。
脂肪分の多いものやお酒は胃腸に負担をかけてしまうのでおすすめ出来ません。また、食物繊維は必要なビタミン類も排泄してしまうので控えましょう。

胃腸に良い食べもの
卵・キャベツ・にら・大根・みかん・ナシ・りんご・紫蘇の葉など


簡単!ハニージンジャーミルク


 材料 

・牛乳・・・180ml
・生姜・・・1片
・蜂蜜・・・大さじ1

すりおろした生姜と牛乳をマグカップに注ぎ、電子レンジ600Wで1分~1分30秒温める。レンジから出して蜂蜜を加え、かきまぜて出来上がり♪甘いものが苦手な方は蜂蜜を加減してください。


簡単!ハニージンジャーミルク☆亀甲堂カナヰ薬局



学級閉鎖のほとんどない中国


日本ではインフルエンザや風邪で生徒の欠席数が急増すると、感染拡大防止の為、学級閉鎖を行います。

中国の学校では、インフルエンザや風邪が流行すると、板藍根(ばんらんこん、アブラナ科の植物ホソバタイセイ)の煎じ液を生徒ののどにスプレーして、病気が広がるのを防いでいると聞きます。

家庭でも、板藍根がたいてい常備されており、飴やお菓子にして食べたり、お茶にして飲んだり、とてもポピュラーな存在だそうです。


板藍茶と板藍のど飴☆亀甲堂カナヰ薬局


そんな習慣のおかげか、中国では学級閉鎖というものがほとんどないそうです。

板藍根は、中医学(東洋医学)ですと【清熱解毒(せいねつげどく)】【涼血利喉(りょうけつりいん)】の生薬とされています。子どもにも優しいとても優秀なハーブです。

覚えてください♪
 うがい!手洗い!マスク!板藍茶!! 



板藍茶と板藍のど飴☆亀甲堂カナヰ薬局

※あなたの体質や症状にあった漢方薬があります。ご自身で判断せずご相談にいらしてください。

▲ TOP

長引く咳、風邪でお悩みの方は
あきらめずに是非ご相談にいらしてください

あなたの体質にあった食事や改善ポイントのご提案も差し上げております
どなたさまもお気軽にご来店・ご相談くださいませ

 お店のご案内