花粉症に効く!花粉症の食養生


食べることは薬を飲むことと同じくらい大切、薬を飲むことは食べることと同じくらい大切!薬食同源。

今月は、【花粉症の食養生】をご紹介します。
花粉症は免疫システムの不調和によるものです。免疫力を正常にする食材をアレンジ♪

花粉症の方に良い食材には、きのこ類・はとむぎ・アスパラガス・ブロッコリー・海藻類・ゆり根・にら・よもぎ・黒ゴマなどがあります。

逆に、花粉症の方に良くない食べものは、化学調味料や添加物が多いもの・冷たいもの・甘いもの・脂っぽいもの・チョコレートやジャンクフード、お酒などの熱を発するものなどです。食べ過ぎ飲み過ぎにも注意すると良いでしょう。



わかめときゅうりの梅ぽん酢

材料
(2人分)
■ わかめ ・・・ 300 g
■ きゅうり ・・・ 2本
■ 梅干し ・・・ 2個
■ ぽん酢 ・・・ 適量
■ 黒ごま ・・・ 適量

作り方



わかめときゅうりの梅ぽん酢

【1】 乾燥わかめはぬるま湯で戻しておく。生わかめはよく洗って水切りをしておく。

【2】 わかめときゅうりを食べやすい大きさに切る。

【3】 梅干しの種をとり、包丁でみじん切りにするように、たたく。

【4】 わかめ、きゅうり、梅を合えて、ポン酢をかけ、黒ごまを散らしたら出来上がり★



 わかめ  ・・・免疫力を高めるβカロテンが豊富。また、食物繊維のアルギン酸、セルロースをはじめ、鉄、ヨウ素、亜鉛、カルシウム、カリウム、マンガンといったミネラル、カルシウムが含まれています。
 きゅうり  ・・・熱を取り、解毒作用があり、また、むくみなどの身体の余分な水分を排出してくれます。95%が水分で、カリウムやビタミンA、ビタミンK、亜鉛、マグネシウムなどを含んでいます。
 梅干し  ・・・梅は「三毒をとる」と言われていて、三毒とは食べもの・血・水の悪いものを指します。疲労回復、動脈硬化予防のクエン酸や乳酸を多く含み、整腸作用、強力な殺菌作用もあります。
 黒ごま  ・・・滋補肝腎、補益精血(アンチエイジング)に優れています。良質の脂質、タンパク質、食物繊維を含有し、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛が豊富で、抗酸化物質ゴマリグナン、セサミン等を含んでいます。


アスパラガスの彩り炒め

材料
(2人分)
■ グリーンアスパラガス ・・・ 150 g
■ パプリカ黄 ・・・ 1個
■ プチトマト ・・・ 6個
■ えのき茸 ・・・ 1束
■ オリーブオイル ・・・ 適量
■ 塩 ・・・ 適量
■ 醤油 ・・・ 適量
■ しょうが(みじん切り) ・・・ 小さじ1
作り方



アスパラガスの彩り炒め

【1】 グリーンアスパラガスは食べやすい長さに切り、パプリカは細切りにし、耐熱器に入れ電子レンジで加熱します(600Wで20秒くらい)。
【2】 フライパンにオリーブオイルを熱し、食べやすい長さに切ったえのき茸を軽く炒める。
【3】 【2】にグリーンアスパラガスとパプリカを加え、みじん切りの生姜、少々の塩、醤油を加え、軽く炒めながら味を調える。
【4】 器に盛って、プチトマトを飾って、出来上がり★



 グリーンアスパラガス  ・・・ユリ科の多年草。カロテン、ビタミンA、B1、B2、C、E等が含まれていますが、注目したいのは葉酸とアスパラギン酸、穂先にはルチン(抗酸化作用)が多く含まれていて、免疫力UPや疲労回復に役立つ野菜です。
 パプリカ  ・・・ナス科の多年草トウガラシの一種。風邪の予防や疲労回復に良く、身体の余分な熱と水分を排出してくれます。ビタミンCやカロテンはピーマンより多く含まれています。
 トマト  ・・・ナス科の野菜で、甘味はショ糖、酸味はクエン酸やリンゴ酸、赤い色はリコピン(抗酸化作用)です。主成分は炭水化物で、ペクチンを多く含み、ビタミンA、B1、B2、Cも含まれています。余分な熱をとり、水分代謝を整え、健胃作用も知られています。
 えのき茸  ・・・ビタミンB1、B2、ナイアシン、エルゴステリン、βグルテン、食物繊維が豊富に含まれています。皮膚や粘膜を強く保ち、健胃整腸作用もあり、うまみ成分はグルタミン酸です。
 しょうが  ・・・身体を温め、殺菌効果の高い薬味の定番ですね。漢方では、百邪を防ぐという意味があって、風邪や食欲増進によく用います。


いかとブロッコリー

材料
(2人分)
■ イカ ・・・ 150 g
■ ブロッコリー ・・・ 1株
■ オリーブオイル ・・・ 適量
【ネギ塩ダレ】
■ 長ネギ ・・・ 1/4本
■ 塩 ・・・ 小さじ1
■ オリーブオイル ・・・ 小さじ1
■ しょうが ・・・ 小さじ2
作り方



いかとブロッコリー

【1】 イカは皮目に縦に5mm間隔の切れ目を入れ、幅2cmのそぎ切りにする。ブロッコリーは小房に切り分ける。それぞれ耐熱皿に入れ、軽くラップをかけ電子レンジで加熱し、下ゆでをしておく。
【2】 【ネギ塩ダレ】を作る。長ネギ、しょうがをみじん切りにし、ボウルで塩、オリーブオイルと合える。
【3】 フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、下ゆでしたイカとブロッコリーを軽く炒める。
【4】 器に盛って、ネギ塩ダレをかけて、出来上がり★



 イカ  ・・・補陰補血。収斂止血。良質なタンパク質、疲労回復や滋養強壮のタウリンを含みます。アンチエイジング、粘膜を保護し、免疫力をアップするといわれているムチン(キトサンに変化するグルコサミン)も含有しています。
 ブロッコリー  ・・・五臓を養い気を巡らせ脾胃を整え関節を丈夫にしてくれます。βカロテン、ビタミンC、葉酸が豊富で美容サプリともいわれています。
 長ネギ  ・・・発汗解表。身体を温めむくみをとります。葉にはβカロテンが、茎にはビタミンCが多く含まれています。独特の強い香りは硫化アリルです。硫化アリルはビタミンB1の吸収を高め、消化吸収や疲労回復に役立ちます。
 しょうが  ・・・身体を温め、殺菌効果の高い薬味の定番ですね。漢方では、百邪を防ぐという意味があって、風邪や食欲増進によく用います。


▲ TOP



皮膚や粘膜を強くするビタミンA(βカロテン)、細胞を強くするビタミンC、
免疫力や抵抗力の基礎全般を高めてくれるビタミンB1、B2やムチン。
食べものの特性を上手に活用し、食生活を豊かにしましょう♪

もちろん、トータルバランスが整った食生活が一番!

季節だけでなく、あなたの体質にあった食事のご提案も差し上げております
どなたさまもお気軽にご来店・ご相談くださいませ